大泉学園の通信制高校・サポート校ならトライ式高等学院 大泉学園キャンパス

教室の様子 教室の様子

大学進学、将来のためのキャリア教育から高卒認定対策まで。トライ式高等学院はお子さまに合わせて「自宅型・通塾型」を選べる通信制高校サポート校です。学習面はもちろん精神面のサポートや、学校行事・イベントも充実しています。担当教師やキャンパス長が、お子さまの目標を徹底的にサポートいたします。

大泉学園キャンパスの基本情報

選べる通学スタイル

お子さまのライフスタイルに合わせて「自宅型(在宅での訪問学習)」もしくは「通学型(週1〜5日)」を選べます。自宅型⇔通学型は状況に合わせていつでも変更ができるので、無理なく学習を続けられます。

キャンパス長からのメッセージ

皆さんこんにちは。
トライ式高等学院大泉学園キャンパス長の上原です。
通信制高校って何だろう?サポート校って何やってるの?って言う人がまだまだ皆さんの中には多いと思います。ですが、皆さん!この仕組みを知らないと言うことは、あまりにももったいないです。ぜひ一度ご見学や、お話をお聞きください。「こんな学校があるんだ」という新たな発見があります。皆さまのご来校、心よりお待ちしています!

上原広之

上原広之キャンパス長
教育プランナー兼カウンセラー

講師からのメッセージ

渋谷校はワイワイ楽しく通いたい生徒さん、ゆっくり静かに通いたい生徒さん、
みなさんの個性を尊重して、のびのび自由に通えます。
将来について悩み事がおありなら、ぜひお越しください。一緒に考えていきたいと思います。

鈴木千鶴

鈴木千鶴講師

講師からのメッセージ

普段、生徒の皆さんと一緒に色んな話をしたり、イベントをしたりとサポートを行っています。
渋谷キャンパスの生徒はみんなとても心優しく、個性的で面白いメンバーが集まっています。私もいつもみなさんの優しさに助けられています。キャンパスの普段の様子をブログにアップしているので、楽しいキャンパスライフをぜひご覧ください!

内藤加菜

内藤加菜講師

講師からのメッセージ

大泉学園キャンパスにも様々な理由で転校してきた生徒達がたくさんいます。「高校の授業が難しくて単位落としてしまった」「友達とうまく行かなかった」「体調が悪くなってしまった」そして「全日制よりも自由に勉強したい」という生徒もいます。
全日制に通っていると、それぞれの事情があるのになかなか自分のペースで進められないこともあると思います。しかし、通信制では個々に合わせた時間とペースで学ぶことができるので、全く心配はありません。色々学び方、高校生活があります。過去には中学生の頃から体調が悪くなかなか学校に通えない経験をした生徒が難関大に合格したこともありました。
また、「転校したら友達ができるだろうか。仲良くできるだろうか」「トライ式高等学院でうまくやって行けるだろうか」などの心配も不要です。キャンパス長、講師陣だけでなく在校生も皆さんが新しく入学、転校してくるのを楽しみに待っています。トライ式高等学院に通っている生徒は皆さんと同じような経験をしている生徒です。ゆえに一番の理解者でもあります。
大泉学園キャンパスでは、いつも生徒や講師が一緒にお昼ご飯を食べたり、トライ式高等学院のイベントに参加したりしています。春にはお花見、冬には料理を作ることから始めるクリスマス会も開催しています。また、勉強する時は勉強する、楽しむときはとことん楽しむバランスを大切にしています。入学、転校をご検討されている皆さんと一緒に充実した毎日を過ごせることをキャンパス一同楽しみにしています。

但田佳士

但田佳士講師

アクセス

住所 〒178-0063
東京都東京都練馬区東大泉1丁目30-7
瀧島ビル4F
大泉学園の地図
周辺地図を参照
最寄り駅 西武池袋線「大泉学園駅」北口より徒歩約1分
電話番号 0120-919-439
学校形態 通信制高校・サポート校

トライ式高等学院が選ばれる理由

1対1だから向き合える。一人ひとりの明るい未来のために。

「家庭教師のトライ」が培ってきたマンツーマンの指導ノウハウを活かし、一人ひとりの夢や目標を設定し、お子さまの生活スタイルや性格なども考慮し、無理のないカリキュラムを設定いたします。

トライ式高等学院の強みは、全職員が「ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないこと」。

高校卒業はもちろんのこと、進学や就職などその先の進路が実現できるよう責任を持ってサポートします。

コース紹介

大泉学園キャンパス体験談

大学進学に向かって頑張っています

私は競泳をやっていた中学1年生の頃、同学年の凄く仲の良かった友達に裏切られるという経験をしました。その頃から人に対する恐怖心を持つようになり、高校に入学して2週間程ほどすると今度は同じクラスの男子生徒達からいじめられるようになりました。人間関係で悩み、本気で人と接することが怖くなり、最終的には全日制高校を中退するという決断をすることになりました。
しかし、私には自分がこうありたいという将来の目標がありました。それは今も変わっていません。また、将来的には大学進学もしたいと考えており、その夢をこの出来事のせいで壊したくないという気持ちが強くありました。そこで大学受験をする為に通信制高校に通う決心をしました。トライを選んだ決め手となったのは授業がマンツーマンで、スタッフの皆様がとても優しく、生徒も皆色々な事情を抱えてきている方が多いので、分かり合える友達が出来るかなと思ったからです。
今もまだ完全に人間不信が払拭されたわけではないので、日々、人間不信克服の為にトライで出来た友達やキャンパス長、先生方と積極的にコミュニーケーションを取るように意識しながら過ごしています。

竹川希歩さん

竹川希歩さん

大泉学園キャンパス

続きを読む

東京都のキャンパス

関東エリアのキャンパス