理事長ごあいさつ

「人は、人が教える。
人は、人が育てる。」

今までの常識が大きく変わりゆく時代において、未来の日本を創る子どもたちへの教育の重要性はますます高まりを見せています。
子どもたちが、これからの時代を前向きに生きていく力を育むためには、画一的な学びを提供するのではなく、
一人ひとりの個性を見つめ、それぞれに最適な方法で、自ら考える力や豊かな心を伸ばすことが必要不可欠です。

 

トライ式高等学院には、中学校や高校で様々な悩みを抱えたり不登校を経験した子どもたちが通ってこられます。
当学院は設立以来、一つの型に子どもたちを当てはめるのではなく子どもたちの「自分らしさ」に合わせて学びの形態を変化させ続けてきました。
現在では全国98カ所にキャンパスを展開、自宅に先生が伺い指導を行う在宅コースやリモートで学習指導が受けられるオンラインコースも設置し、子どもたちの状況に応じた多様な学びの機会を提供しています。また、文化祭・体育祭・修学旅行などの学校行事や、部活動・委員会・オンラインイベントなども生徒主体で積極的に行われており参加は生徒の自由意思で決めることができます。

 

トライ式高等学院では運営母体であるトライグループが持つマンツーマンの学習ノウハウや大学受験に向けた進路指導、全国20万人の講師陣、各領域において最高水準の技術を持つ企業パートナーと協同で自社開発している最新のAI教育やオンラインサービスなどを余すことなく取り入れています。当学院において、多くの子どもたちが不登校から大学進学を目指せる理由があるのです。
また、学力向上だけではなく社会で生き抜く力を育むことにも大切にしています。高校卒業はゴールではありません。大学や専門学校、就職など社会に出ると価値観の異なる人とプロジェクトを協業したり自分とは違う性格の人と時を共に過ごす場面も多々あります。多種多様な人を受け入れる寛容な心を持ち、自らの意思をしっかり伝え社会という道を歩んでいく力を当学院での生活を通じて養ってもらえるよう努めております。

 

昨年度はおかげさまで1万人の子どもたちが通う学び舎となりました。
毎年3月に行われる卒業式では、ご入学当初とは見違えるほど自信に満ち溢れた生徒たちの姿を見て、感涙の念に堪えません。私たち教職員一同も、生徒たちの成長から多くのことを学ばせていただいております。

 

子どもたちの夢や目標に優劣はありません。これからも一人ひとりの想いを大切にし、その実現に向けてご家族様のご指導ご支援を賜りながら、教職員一同 全身全霊で取り組んでまいります。

 

トライ式高等学院の教育理念は、「人は、人が教える。人は、人が育てる。」です。
どれだけテクノロジーが進化しても、教育の根幹には「人」の温かみが必要であると信じています。次代を担う子どもたちの未来を明るく照らすために、これからもトライ式高等学院は、教育のためにできることのすべてを提供してまいります。

トライ式高等学院 理事長 二谷 友里恵