大宮の通信制高校・サポート校ならトライ式高等学院 大宮キャンパス

教室内観 教室内観

大学進学、将来のためのキャリア教育から高卒認定対策まで。トライ式高等学院はお子さまに合わせて「自宅型・通塾型」を選べる通信制高校サポート校です。学習面はもちろん精神面のサポートや、学校行事・イベントも充実しています。担当教師やキャンパス長が、お子さまの目標を徹底的にサポートいたします。

大宮キャンパスの基本情報

選べる通学スタイル

お子さまのライフスタイルに合わせて「自宅型(在宅での訪問学習)」もしくは「通学型(週1〜5日)」を選べます。自宅型⇔通学型は状況に合わせていつでも変更ができるので、無理なく学習を続けられます。

キャンパス長からのメッセージ

大宮キャンパスには、就職希望の生徒から国立大・早慶など大学を目指す生徒まで、様々な希望を持った生徒さんが在籍しています。ただ、トライに入る時には、そもそも卒業できるのか、大学なんか夢の話、と思っている生徒さんも少なくありません。しかし、自信を取り戻すことはそんなに大変ではありません。小さな成功体験を積み重ねていくことで、少しずつ自信がついてきます。そのためのサポートを全力で行っていくのがトライ式高等学院です。
実際、入学時とは大きく変わる生徒が多く、夢を見つけ、新たな目標を見つけて取り組む生徒が多いです。大宮キャンパスは、雰囲気も明るく、勉強だけではなく、BBQ大会、ボーリング大会、サークル活動や、修学旅行、体育祭、部活動などの学校行事もも充実し、高校生活を楽しむことができます。トライ式高等学院大宮キャンパスで、新たな夢を見つけましょう!

篠田 拓朗

篠田 拓朗キャンパス長
教育プランナー兼カウンセラー

講師からのメッセージ

英語・国語・世界史の文系科目を担当しています。 大宮校で講師を始めてから、これまでに何人もの生徒さんを卒業まで見届けてきました。
本当に色々な生徒さんと関わらせていただいたなあ、と思いますが、最初からいきなり順風満帆にここでの生活をスタートさせられた生徒さんは一人としていません。
「なんだか朝起きられない」「教室に入るのに緊張してしまう」「学習習慣がない」「なにを目標にして勉強すればいいのかわからない」みんなそれぞれ問題を抱えてここに来た生徒ばかりです。

それでも、一緒に勉強を進めたり他愛のない話をしたりしている内に少しずつ、自分のやりたいことやそのために今やるべきことを見つけていくことができます。
そうして卒業していった生徒さんが、「元気にやってるよ!」と、ときどき教室に遊びに来てくれることをなによりも嬉しく思います。
初めから多くのことをこなせないとしても構いません。教室に来て話をするだけでも大丈夫です。一緒に悩みや問題を共有し、そして一緒に考えてみましょう。

もちろん、本格的な受験対策も行っています。志望校に関する相談やテキストの選定、最終目標に向けた学習プランの作成など、とにかく何でも話してみてください。
みなさん一人ひとりの性格や希望に沿ったアドバイスいたします。みなさんにお会いできることを楽しみにしています。教室で見かけたら、気軽に話しかけてください。

加藤 百合子

加藤 百合子講師

講師からのメッセージ

トライ式高等学院は、全日制の学校よりもずっとなじみやすいところです。先生はどの人もやさしい人が多く、勉強の教え方もとてもわかりやすいし、難しい問題でも繰り返し教えてくれます。
勉強だけでなく、いろいろな相談にものってくれます。友人関係も、仲の良い友達が作りやすいです。共通の話題でみんな盛り上がるので、話を聞いているだけでも面白いと思います。
部活があり、体育祭もありと、いろいろ参加してみると、楽しい学校生活になると思います。
ぜひ大宮キャンパスで一緒に楽しみましょう!

深瀬 一

深瀬 一講師

講師からのメッセージ

トライ式高等学院のマンツーマン指導は、個々に向き合い、個性や目的に合わせた指導ができ、丁寧に細かく深くコーチング、アドバイスできます。
悩みや不安を聞いたりもできます。数学など積み上げ教科はわからないところがあると、その後も迷宮入りになりがち。
個別指導だと、不明点を一つひとつ解消しながら進めるので「わかる!」「できる!」と伸びていきます。
私も一緒にその喜びを味わっています!
生徒はそれぞれ個性、特技、興味を持っています。
イラスト、アニメ、ダンス、観劇、読書、ハンドメイド、物理学、などなど飛び抜けた才能や知識を持っていたりします。授業の冒頭には、それらの話題で会話をしたりして、盛り上がります。嬉しそうに話しをしてくれます。社会に出て表現やコミュニケーションの力も必要だと思っているので学びの一環として、その時間も大事にしています。時々、ボイストレーニングや話し方の練習をしたりもします。ご自宅型の生徒さんとは、友達として、一緒に学習する感じで接しています。生徒達から私もたくさんのことを教えてもらっています。
その結果、1年前に比べ模試の成績が上がるだけでなく、コミニケーション力が上がったり、明るく活発になったり、自己表現できるようになったり、成長と変化がみられます。漢検や英検に挑戦したり、「お友達作りたい」と自ら一歩踏み出そうとしたり。
キャンパスには親切で丁寧に熱心に授業するフレンドリーな先生方ばかりで、雰囲気が良いです。吹奏楽、ボドゲ部、アニメ部など部活動も楽しそう。

大浦 さやか

大浦 さやか講師

アクセス

住所 〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252
ユニオンビルディング3F
大宮の地図
周辺地図を参照
最寄り駅 JR各線・東武野田線「大宮駅」西口より徒歩約5分
電話番号 0120-919-439
学校形態 通信制高校・サポート校

大宮キャンパスブログ

トライ式高等学院が選ばれる理由

1対1だから向き合える。一人ひとりの明るい未来のために。

「家庭教師のトライ」が培ってきたマンツーマンの指導ノウハウを活かし、一人ひとりの夢や目標を設定し、お子さまの生活スタイルや性格なども考慮し、無理のないカリキュラムを設定いたします。

トライ式高等学院の強みは、全職員が「ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないこと」。

高校卒業はもちろんのこと、進学や就職などその先の進路が実現できるよう責任を持ってサポートします。

コース紹介

大宮キャンパス体験談

有意義な高校生活

私は以前の学校に入学後、授業のペースや生活リズムに付いていくことができず体調を崩し、保健室登校をしていた時期がありました。
授業に出られない日々が続くなか、それからの進級・進学について考慮し、1年生のときトライ式高等学院に転入学しました。決め手となったのは、大宮キャンパスを見学した際、各生徒がのびのびと自身の課題に取り組んでいる姿でした。
ここでは“自分の目標や興味に必要な学習”が“自分のペースで”行うことができる、すなわち、全日制高校と比べ、より自主性を身につけることができる点に惹かれました。
また、塾と同様の個別授業で、わからなかったり疑問に思ったりした問題をその場で質問することができる点も、集団授業にはない魅力だと感じています。
実際の授業においても、自分の弱点や苦手分野を先生方が充分に理解してくださり、それに合わせた内容で授業をしていただいています。入学後は多く時間を用い、大学でやりたいことや将来の職業について考えました。そして、自分の体験を基に、養護教諭の仕事に就きたいという夢ができました。
それから、早めの段階で志望校を絞り、受験に必要な対策を行いました。
経験したことがない程の大変な日々でしたが、先生やスタッフの方が親身に相談に乗ってくださったおかげで、第一志望の大学に合格しました。
約2年半通学するなかで、初めは少し寂しい雰囲気のあったキャンパスにも、生徒が増えました。学年に関係なく勉強を教え合ったりご飯を食べたり…と、毎日充実した生活を送っている人が多い印象です。自分自身、今までに友達が多くできました。
また、秋に開催されるキャンパス対抗の体育祭など、行事や部活動も存在します。自由参加ではありますが、関東キャンパスの生徒が多く集まるので、賑やかで楽しい一日となること間違いなしです。つまり、通信制という理由で学校行事を諦める必要はないのです。
現在私は3年生ですが、卒業まで更に有意義な時間をトライで過ごすことができるだろうと確信しています。そして、トライ式高等学院の大宮キャンパスで高校生活を過ごせたことを、心から嬉しく思います。

金田 紗采さん

金田 紗采さん

大宮キャンパス

続きを読む

トライに来てよかった!

私は、高校3年生の時トライ式高等学院に転入しました。私は最初、友達ができるか心配でした。いざ学校に行くと、先生が同じ学年の人に声をかけてくれて、初日から友達をつくることができました。
そこからその友達と一緒に昼ご飯を食べに行ったり遊びに行ったりと、とても楽しく過ごすことができました。
生が声をかけてくれるので、誰でも友達ができる良い学校だと思います。
学習面では、受験についてしっかりと面倒を見てくれる学校です。最初、将来やりたいことや行きたい大学がなかったのですが、先生が自分に向いている仕事などをみつけてくれて、銀行員という職をみつけました。その専門的な知識を学ぶことができる大学をみつけてくれて、受験し、合格することができました。
トライ式高等学院は、生徒一人ひとりのことを考え、サポートしてくれる学校であり、来てよかったと思っています。

梶原 郁弥さん

梶原 郁弥さん

大宮キャンパス

続きを読む

転入しての感想

前の学校で留年しかけたので、この学校に転入してきました。
トライ式高等学院の良いところは、まず個別授業の教室であるということです。僕のように勉強に追いつけなくなって通信制の高校への転入を考えている人にとてもおすすめです。
また、単位が取りやすいのも良いところの一つです。前に通っていた学校の赤点は60点未満でした。トライ式高等学院に来て、テストの赤点が10点未満と聞いたときはとても驚きました。教室は前の学校のように広くないですが、先生の目が行き届いているので安心です。
僕は転入して良かったと思います。どの大学に行こうか悩むのはとても楽しいです。

武田 陸さん

武田 陸さん

大宮キャンパス

続きを読む

自分に合った方法でつかんだ合格

中学1年生の夏から不登校で、外に出ない生活をしていました。大学に行きたいという思いがあり、中学3年生の冬に、受験に強いと言われていたトライ式高等学院の中等部に入学しました。
キャンパスで週に一度、英語と数学の授業を受け始めましたが、高校1年生の夏前に、周囲の視線が気になりだして電車に乗れなくなり、登校できなくなりました。
家にひきこもり、電話も怖くて出られませんでした。キャンパススタッフの方からファックスやメールで連絡をもらいました。やりとりを交わしていき、高校2年生になる頃には、自宅型で勉強を再開すると決めました。
週1回、先生が自宅に来て授業をしてくれたので、調子があまりすぐれない時も自分のペースで勉強を続けられました。単位を取るための授業だけでなく、英検や漢検の対策もしてもらい、英検2級や漢検2級を取得できました。
高校3年生の夏前から受験対策を始め、新たに小論文の授業を受け始めました。授業が週2回になり、先生からの提案で、小論文の授業はキャンパスで行いました。約2年ぶりの通学でしたが、先生やスタッフの方が、決して急かさずにアドバイスをしてくれたので、再びキャンパスに通学できるようになったのだと思います。勉強以外の悩みも聞いてもらい、勉強以上の時間をかけて精神的なサポートを受けられたので、本当に心強かったです。何度も小論文を添削してもらったり、模擬面接をしてもらったりしたおかげで、志望大学に合格できました。
現在は、自宅で週に一度、進学後を見据えた英語の授業を受けながら、できる限りキャンパスに登校して、自習をしています。
通学型と自宅型を自由に組み合わせたり、自由に登校したりできるため、自分の調子に合わせて勉強できました。キャンパスに登校できず授業すら受けられないときも、自分に合った方法で連絡を取れたので、繋がっているという安心感が得られました。立ち止まったり後退しながらも、先生やスタッフの方にどんなときでも寄り添ってもらったからこそ、今の自分がいます。

高橋 和樹さん

高橋 和樹さん

大宮キャンパス

続きを読む

埼玉県のキャンパス

関東エリアのキャンパス