柏の通信制高校・サポート校ならトライ式高等学院 柏キャンパス

授業・自習の様子 授業・自習の様子

大学進学、将来のためのキャリア教育から高卒認定対策まで。トライ式高等学院はお子さまに合わせて「自宅型・通塾型」を選べる通信制高校サポート校です。学習面はもちろん精神面のサポートや、学校行事・イベントも充実しています。担当教師やキャンパス長が、お子さまの目標を徹底的にサポートいたします。

柏キャンパスの基本情報

選べる通学スタイル

お子さまのライフスタイルに合わせて「自宅型(在宅での訪問学習)」もしくは「通学型(週1〜5日)」を選べます。自宅型⇔通学型は状況に合わせていつでも変更ができるので、無理なく学習を続けられます。

キャンパス長からのメッセージ

自分のやりたいことがわからない。どうやっていいかわからない。
そんな中学生・高校生は多いと思います。
自分自身は「やりたくないことはわかるけどやりたいこと、どうやって生きていくのか、難しいことはわからない」という気持ちを高校時代に持っていました。
自分の将来の目標や夢は簡単には見つからないと思っています。
他人との交流、自分と異なる価値観の発見、身近な目標への挑戦(失敗)を繰り返しながら、積み重なって見つけられるものです。
ここでは、講師やスタッフ・友達など多くの仲間ができます。
大事なのは、「やりたいけど、できないからわからないふりをしないこと」です。
自分の可能性に蓋をせず、トライ式高等学院で実現のためのステップを踏み出してみましょう。

濱野 恭章

濱野 恭章キャンパス長
教育プランナー兼カウンセラー

講師からのメッセージ

柏キャンパスは、多くの生徒が毎日元気に通ってくれてとても活気があります。しかし、ほとんどの生徒がこのキャンパスに通うまで様々な辛い経験を重ねてきました。朝起きられない、学校になんか行きたくない、まして大学進学なんて考えることもできない。
そんな彼らが、どうやって再び希望を持ち、大切な自分を取り戻せたのか?そのカギはほんのちょっとの成功の積み重ねです。今週は3回も学校に通えたね、毎日朝から学校に来られたね、この前わからなかった単元が今日はできるようになったね、友達が一人できたね!そうやって少しずつ自信を取り戻し、自己肯定感を高めることが、たとえどれだけ時間がかかったとしても、生徒にとってどれほど大切なことなのか、柏の先生たちは皆が理解しています。
私たちは、一人ひとりに向き合うために、これまでの成功体験を引きずらないことも大切だと考えています。経験論を押し付けない、生徒に教えるのではなく、生徒が「気づく」ことを大切にしたい、そのためには、とことん「待つ」ことを心がけています。
本当に高校を卒業できるのだろうか?友達はできるだろうか?やりたいことが見つかるだろうか?不安な気持ちを持っているみなさん、不安なまま私達の教室に来てください。一緒に考えましょう、一緒に悩みましょう。自分を飾らないで、ありのままでいられるほんとうの居場所が、必ず見つかります。

吉田 豊

吉田 豊講師

講師からのメッセージ

トライ式高等学院の生徒を見ていると、入学したばかりのころは不安そうな顔をして登校してきていても、自分のペースで通っているうちに自信を取り戻し、なんで前の高校に行けなくなったんだろうと疑問に思うくらい元気になる生徒が多いです。
安定して通えるようになり、友達ができ「今」が充実してくると、バイトだったり、合宿だったりと新しいことに挑戦し始め、やがて、自然と高校卒業後の将来のことを考え始めます。
「今」が充実しないと、将来を考える余裕はできません。
学校に行けていない、先が見えないと不安でいっぱいな気持ちでこのページをご覧になっている方が多いかと思います。
毎日決まった時間に学校に行かなければならないというプレッシャーから解放され、自分のペースでゆっくり過ごしてみるのはどうでしょうか?
「今」を充実させるお手伝いを最大限いたします。

田出 香美

田出 香美講師

講師からのメッセージ

私は夜はミュージシャンとして活動しながら日々講師の仕事をしております。高校時代からバンドでエレキギターやエレキベース、キーボードを担当し、現在はパソコンで作曲をしております。その経験を活かし、レポートや受験勉強のサポートだけではなく、ギターやエレキベース、パソコンでの音楽制作も教えています。軽音楽サークルの顧問もしたことがあります。「勉強はちょっと面倒だけど、音楽の話なら聞いてみたい!」という方はぜひお話しましょう!
高校生活は3年。長いと感じるかもしれませんが、あっという間です。短くて貴重な高校生活、勉強に向き合うのももちろん大事ですが、できるだけ楽しく過ごして欲しいと思っています。
楽しい高校生活。勉強だけではなくて音楽面でもサポートしますので、よろしくお願いいたします。

鈴木 太良

鈴木 太良講師

アクセス

住所 〒277-0852
千葉県柏市柏3-6-29
サンライズ吉野302号
柏の地図
周辺地図を参照
最寄り駅 JR常磐線「柏駅」より徒歩約5分
電話番号 0120-919-439
学校形態 通信制高校・サポート校

オープンキャンパス開催日程

中3生の方対象のオープンキャンパスを下記日程にて好評受付中!

オープンキャンパスは、学校説明会、イベント(先輩と交流)、個別相談の3部構成となっていて、それぞれの会でトライ式高等学院の魅力をお伝えします。参加費無料となりますので、お申し込みお待ちしております。

柏キャンパスの開催日程

2019年06月15日(土)
11:00開演 / 12:30終演
トライ式高等学院 柏キャンパス
千葉県柏市柏3-6-29サンライズ吉野302号
地図を見る

先輩の体験談を聞く会開催日程

中1~2年、高1~3年の方対象の先輩の体験談を聞く会を好評受付中!

先輩の体験談を聞く会では、学校説明会、体験談を聞く会、個別相談の3部構成となっていて、それぞれの会で様々な悩み・相談に対してお答えします。参加費無料となりますので、お申し込みお待ちしております。

柏キャンパスの開催日程

2019年06月15日(土)
11:00開演 / 12:30終演
トライ式高等学院 柏キャンパス
千葉県柏市柏3-6-29サンライズ吉野302号
地図を見る

柏キャンパスブログ

トライ式高等学院が選ばれる理由

1対1だから向き合える。一人ひとりの明るい未来のために。

「家庭教師のトライ」が培ってきたマンツーマンの指導ノウハウを活かし、一人ひとりの夢や目標を設定し、お子さまの生活スタイルや性格なども考慮し、無理のないカリキュラムを設定いたします。

トライ式高等学院の強みは、全職員が「ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないこと」。

高校卒業はもちろんのこと、進学や就職などその先の進路が実現できるよう責任を持ってサポートします。

コース紹介

柏キャンパス体験談

夢に向かって

僕は東京の高校に入り野球に打ち込んでいましたが、1年の冬に体調を崩し、パニック障害という病気になりました。両親や仲間、先生方の大きな支えがあり、最後の夏の大会をベスト8で終えることはできましたが、仲間と卒業ができない状態でした。
そんな時に両親に「ここなら仲間と卒業ができるよ」を勧められたのがトライです。当時は「通信制」という言葉にすごく抵抗がありましたが、初めて面談に訪れた時に「初対面の僕の話をこんなに親身になって聞いてくれる人がいるんだ!」と驚き、「自分の目指す進路のために一緒に頑張ろう」と言っていただいたので転入を決意しました。
その後、野球部の仲間と同じ3月に高校を卒業し、今は浪人生としてトライで過ごしています。将来、体育の先生になり、高校生活の経験と野球を生徒に教えることが僕の夢です。その夢を叶えるための進路に向けて、先生方と話し合いを繰り返し、勉強に打ち込んでいます。

田村颯太さん

田村颯太さん

柏キャンパス

続きを読む

トライが変えてくれた日常

中学時代から、学校を行ったり行かなかったりを繰り返していた私。不安な中、高校に特進コースに進学しましたが、勉強についていけず、仲の良い子もいない。そんな辛い思いが積もって、学校にだんだん行かなくなりました。
そんな中、母が「通信制の高校に行ってみたら?」と言ってくれて、トライのオープンキャンパスに行きました。行ってみると色々な子が自分の好きなことを頑張ってやっていて、ここの学校に転入しようと決めました。今は行きたい大学ができて、英語や国語の勉強を中心に頑張っています。イベントなども普通の高校では体験できないことができて、トライに来てよかったと思う毎日です。

藤山巴菜さん

藤山巴菜さん

柏キャンパス

続きを読む

ずっと続けたいこと

以前の高校では、大学進学はしたいが、勉強のことが気がかりでした。トライに入ってからはマンツーマンで授業を行うので、担当の先生ができてない単元から遡って教えてくれたことで徐々に勉強ができるようになってきました。勉強がわかるようになり、自信がついてくると、多くのことに興味を持つことができました。その一つが英語です。
異なる文化を持つ外国の方々とコミュニケーションを取りたいと思い始め、ハワイ・フィリピンへ留学に行ってきました。普段の生活とは違うことに戸惑いながらも現地の人との意思疎通ができました。その嬉しい気持ちが、さらに英語に向かうモチベーションに繋がりました。これからの先も英語を使った仕事に就き、もっと多くの国の人と知り合いたいと思っています。また、授業をしてくれる先生には勉強だけでなく、大学選びの相談や人生の先輩として悩みを聞いてもらいました。人間的としても成長することができたと感じています。

鈴木璃玖さん

鈴木璃玖さん

柏キャンパス

続きを読む