通信制高校について通信制高校の特徴やメリットをご紹介します

コラム1通信制高校とはどのような学校?

通信制高校は、スクーリング、レポート、テストの3つで学習を進めていき、74単位以上の修得が認められれば卒業となります。
全日制高校に比べると自由な時間が多くなり、その時間は自分のペースで組み立てることができます。
学校に行きづらい状態を解消するためや、やりたいことのためにゆっくり時間をかけることができます。

コラム2通信制高校の学費(授業料)や制度

通信制高校の学費は、登校・通学形態によってかわります。
学費も自分の都合に合わせて選ぶことができます。
私立通信制高校の生徒への授業料減免についてもご紹介します。

コラム3通信制高校に通うメリット・デメリット

通信制高校は「自分のペース」と「自由な時間」が特長です。
自分のペースで送れる学校生活、そして自由な時間ができることでのメリット・デメリット。
通い方、学ぶ内容、サポート体制がどのようなものかお伝えします。

コラム4通信制高校への転入・編入の条件や時期の違いとは?

皆さんの中には最近、「通信制高校」のことを知ったという方もいらっしゃるかと思います。この記事では、現在の進学先での事情で転校を検討される際、多くのご質問をいただく転入・編入についてご説明します。

コラム5単位制高校とはどんな高校?

高等学校には、全日制高校、通信制高校、定時制高校、単位制高校など、制度による違いがあります。中学校までは、学校の制度について考えることはなかったと思いますが、通信制高校を探し始めると、「単位」「単位制」という言葉が多く出てきます。各高校が採用している制度がわかれば、自分の将来の夢や生活スタイルなどに合わせた進学先選びができるようになります。この記事では、「単位制」について解説していきます。

コラム6高卒認定とはどのような資格?

高卒認定試験とは、正式名称【高等学校卒業程度認定試験】であり、合格したらその名の通り、「高校卒業者と同程度の学力がある」と認める試験となります。何らかの事情で高校に入学できなかった、卒業できなかった方に対して、資格取得すると、高校卒業者以上が受験できる、大学や専門学校、公務員試験等を受験することができます。この記事では【高卒認定】と【高卒資格】との違いや、高卒認定試験の特徴や概要を紹介していきます。

コラム7高卒資格と高卒認定の違いとは?

「高卒資格」と「高卒認定」は、言葉が似ているため混合されがちですが、実は大きく違います。簡単に説明すると高卒資格は高等学校の卒業資格を得ることで、高卒認定は高校卒業と同等の学力を示すものです。
「高卒資格」と「高卒認定」、それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解し、将来の夢や進路に必要な対策を行いましょう。この記事では各々の違いやメリット・デメリットについてご紹介していきます。

コラム8通信制高校からでも大学進学は可能?大学進学を目指す際の学校選びとは?

“通信制高校に入学すると大学進学が難しくなるのではないか”、というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、通信制高校に通いながら大学受験に合格することは可能です。しかし、希望の進路を実現するためには、卒業サポートだけでなく、受験対策などを行ってくれる通信制高校を選ぶ必要があります。
この記事では、大学進学を目指す方が通信制高校を選ぶ際のポイントを、実際のデータを確認しながら解説していきます。

コラム9サポート校とは?通信制高校との違いをご紹介

トライ式高等学院は、家庭教師のトライでお馴染みのトライグループが運営する通信制高校サポート校です。「通信制高校サポート校(以下、サポート校)」と「通信制高校」は名前も似ており、同じものだと思っている方もいらっしゃいますが、この2つ、実は全くの別物です。 今回は、サポート校と通信制高校との違いや、サポート校が必要な理由をお伝えします。

コラム10不登校の方に、通信制高校という選択肢を

不登校とは「病気や経済的理由以外の理由で年間30日以上の欠席」がある状態のことを指します。全日制高校の場合、出席日数が進級や単位取得に関わるため、不登校になると進級・卒業ができなくなります。
一方、通信制高校は、自分で登校日数を選べるため、そもそも毎日通学する必要はありません。そのため通信制高校においては、上記の不登校という概念は当てはまらないことになります。だからこそ、不登校の方でなかなか通学できないような状態でも、通信制高校であれば卒業は可能です。
誤解されやすいのですが、通信制高校は元々、不登校の生徒のために作られた学校ではないため、不登校の生徒が卒業するには、いくつかの課題を提出する必要があります。今回は不登校の方でも、高校卒業資格を取得できる通信制高校について解説していきます。

コラム11通信制高校から大学進学に向けて選ぶべき塾とは?サポート校との違いも解説

通信制高校の入学者は年々増加しています。「働きながら通うための通信制高校」から、「自分らしく、自分のペースで過ごすための通信制高校」へと、その存在意義が変化してきています。一方で大学全入時代を迎え、大学進学希望者は年々増えています。高校卒業後の人生の本格的なスタートを迎えるにあたり、通信制高校に通いながら大学進学を目指すために、どのような観点で塾を選べば良いか解説していきます。