茨木の通信制高校・サポート校ならトライ式高等学院 茨木キャンパス

生徒達が作ったウェルカムボードがお出迎え 生徒達が作ったウェルカムボードがお出迎え

大学進学、将来のためのキャリア教育から高卒認定対策まで。トライ式高等学院はお子さまに合わせて「自宅型・通塾型」を選べる通信制高校サポート校です。学習面はもちろん精神面のサポートや、学校行事・イベントも充実しています。担当教師やキャンパス長が、お子さまの目標を徹底的にサポートいたします。

茨木キャンパスの基本情報

選べる通学スタイル

お子さまのライフスタイルに合わせて「自宅型(在宅での訪問学習)」もしくは「通学型(週1〜5日)」を選べます。自宅型⇔通学型は状況に合わせていつでも変更ができるので、無理なく学習を続けられます。

キャンパス長からのメッセージ

トライ式高等学院茨木キャンパスは、生徒たちの様々な目標を応援しています。大学受験や資格取得に懸命に向き合っている生徒がいます。人に対する苦手意識を克服しながら、キャンパスで友人を増やしている生徒がいます。体調や生活リズムを整えながら、夢を実現しようとしている生徒がいます。最初は、多くの生徒たちが不安を抱えていました。しかし、講師や職員と話したり、キャンパスに通う仲間たちとふれあったりすることで、生徒たちは目標を見つけ、実現に向けて前進する力をつけていきます。自分の可能性を実感しながら目標に向かう生徒たちは、キラキラと輝いています。少しでも興味がある方は、ぜひ一度キャンパスまでお越しください。授業のこと、キャンバスでの過ごし方、生徒たちの様子など、気になることはなんでもお話しします。職員一同、お待ちしています。

力野貞治

力野貞治キャンパス長
教育プランナー兼カウンセラー

講師からのメッセージ

みなさんは、どのような悩みを持っていますか?学校に行きたいけど行けない、そもそも学校に行きたくないなど、様々な理由があって来られる生徒さんがいます。それぞれ抱えている悩みがありながらも、トライ式高等学院のホームページを訪れてくれたこと、それが貴重な勇気ある第一歩であることに気付いていますか?そのままでは何も変わらない、でもまず最初の一歩を踏み出してみることがとても大切です。
トライ式高等学院では、色んな悩みを持った仲間がいて、寄り添って理解してくれる先生がいます。勉強でけでなく、普通の学校らしくランチライムやイベント、スクーリングがあります。いつでも相談に乗ってくれる人が身近にいるので、無理なく学んでいけると思います。指導もマンツーマンなので、個々に応じたプログラムを立てて進めていけるので安心です。私は先生として、それぞれの事情や想いを大事にしながら、丁寧に指導に関わっていけたらと思っています。
一歩前に進めば何かが変わります。未来は無限大、可能性を信じて一緒に頑張りましょう!

西松由香

西松由香講師

講師からのメッセージ

このホームページをご覧くださっているみなさんは何らかの理由で学校を辞め、改めて高校進学や大学進学を目指してスタートを切ろうとしておられるのだと思います。そんなみなさんにぜひお伝えしたいことがあります。それは「挫折こそ宝であり、人生は何度でもやり直せる」ということです。武田鉄矢さんが作詞した「贈る言葉」という曲に中に次のような一節があります。
「人は悲しみが多いほど、人には優しくできるのだから」
深い悲しみを経験し、それを乗り越えた人は人の痛みを理解できます。そして人の痛みのわかる人間は謙虚です。私自身できるだけ謙虚であろうと心がけています。しかし、挫折や困難を自分一人だけの力で乗り越えることは大変でしょう。
学校を辞めて高校進学や大学進学という目標に向かって努力していくみなさんが落ち着いて学習に打ち込める環境を「トライ式高等学院茨木キャンパス」は整えています。心底親身になってみなさんの要望に応えようとする教務スタッフ、心の専門家であるカウンセラー、そして教科内容を知り尽くした私たち講師陣。ぜひ私たちといっしょに苦しい時を乗り越えて一回り大きな、そして魅力ある人間へと成長していきましょう。

上草康規

上草康規講師

講師からのメッセージ

皆さんは、通信教育や不登校と聞いてネガティブなイメージを持ったことは無いでしょうか。ここ茨木キャンパスには、理由ははっきり説明できなくても、何らかの違和感を学校に感じて転校してきた生徒が、数多くいます。ここでは、お子さまの感性を大切にします。
以前担当した生徒が、「不登校になった時、僕の人生は終わったと思った」と言っていました。ですが、その後の彼のペースに合った支援と彼自身の努力の結果、第一志望大学に合格し「予想もしていなかった人生が開けた!」と、言ってくれました。
それぞれの生徒を多角的に見て、精一杯指導します。学校に行けなくなったからといって、お子さまの未来が閉ざされたわけではありません。
回り道をするかもしれませんが、大切な未来のために様々なアプローチの仕方があります。
いつでも、キャンパスに体験授業を受けにお越しください。講師一同、心よりお待ちしております。

山下範子

山下範子講師

講師からのメッセージ

みなさん、学校生活は楽しいですか?違和感があるなとか窮屈に感じていることはないですか?もし、少しでもありましたら、一度トライ式高等学院を見学してみてください。トライ式高等学院には進学面だけでなく、様々な目的や事情を持った生徒がたくさんいます。トライはそういう方々に、肩肘張らず、リラックスして、自分のペースで学校生活を送れる空間が提供できます。
私の担当生徒の中には、1年前は家から一歩も出られない状況でしたが、今では休まず教室に通い、大学入試にチャレンジできるまでに成長した生徒もいます。みなさんも、我々と一緒に成長してみませんか。
よろしければ体験授業も受けてみてください。スタッフ、講師一同お待ちしております。

横山寛幸

横山寛幸講師

アクセス

住所 〒567-0829
大阪府茨木市双葉町2-29
エスタシオン茨木3F
茨木の地図
周辺地図を参照
最寄り駅 阪急京都線「茨木市駅」東口より徒歩約2分
電話番号 0120-919-439
学校形態 通信制高校・サポート校

茨木キャンパスブログ

トライ式高等学院が選ばれる理由

1対1だから向き合える。一人ひとりの明るい未来のために。

「家庭教師のトライ」が培ってきたマンツーマンの指導ノウハウを活かし、一人ひとりの夢や目標を設定し、お子さまの生活スタイルや性格なども考慮し、無理のないカリキュラムを設定いたします。

トライ式高等学院の強みは、全職員が「ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないこと」。

高校卒業はもちろんのこと、進学や就職などその先の進路が実現できるよう責任を持ってサポートします。

コース紹介

茨木キャンパス体験談

トライで変われた

僕は中3の頃から学校の授業についていけず、高1の時には学校に行けなくなりました。その時、学校の先生方にも相談に乗ってもらいましたが、なかなか教室に入る勇気が出ず、自分でもどうすれば良いのかわからないままあっという間に1年が過ぎてしまいました。
このままではいけないと思い、高2で転校しようと決心し、どうするか考えていた時に母が「トライ式高等学院」を見つけてきてくれ、転校することを決めました。最初は緊張しましたが毎日通学しているうちに自然に友達が増えていきました。10月には北海道修学旅行に参加し、11月には文化祭の実行委員を任されるなど転校前にはできなかったこともできるようになりました。
現在は「臨床心理士になる」という目標ができ、その目標を実現できるよう志望校合格に向けて頑張っています。最後に普段は照れくさくてなかなか言葉にできませんが、半年間でここまで変われるようにしてくれた両親やキャンパス長など僕をサポートしてくれた方々に感謝申し上げます。

中村郁斗さん

中村郁斗さん

茨木キャンパス

続きを読む

トライで取り戻した私らしさ

私は昔から、決められた時間の中で決められたように動くことを強制される、学校という仕組みがとても苦手でした。勉強は大好きでしたが、与えられた課題やテストを言われるがままにこなすことに違和感を感じ、思うようにこなせない自分をずっと責めていました。他の人が難なくこなせることができないという事実に苦しみ、皆と同じであることを強制しながら過ごす中で私は自分らしさを失っていきました。
しかしトライに来てからは義務や強制を負うことなく、私の要望ややり方に合わせた指導をしてくださる先生のもと、自分のペースで勉強することができました。そして勉強に余裕ができたお陰で、夢だった芸大進学のために、画塾での対策にも力を入れ、絵と勉強どちらにも真剣に向き合うことができました。
学校にすら通えなかった私が、こうして受験に前向きに取り組めたのも、柔軟で私を尊重してくれるトライの環境があったからこそだと思っています。トライを卒業した今、私は念願だった芸大生として、日々作品と向き合う充実した生活を送っています。そして、お世話になったトライでチューターや講師として働いています。
トライに来なければ出会えなかった友達、先生、自分。学校という仕組みの中で自分を見失い、思い悩んでいたあの頃、トライに転学する決断ができたことが私の誇りです。私と同じように学校生活に息苦しさや葛藤を抱える方に、トライという選択肢があることを知ってほしい、そして自分らしく生きることを諦めないでほしいと強く思っています。そしてトライの卒業生として、その手助けができる存在になれるよう、これからも頑張ります。

田中明日香さん

田中明日香さん

茨木キャンパス

続きを読む

夢をあきらめないで

私は進学校に通っていましたが、部活と勉強の両立に疲れ、何もやる気が起こらず、高校2年生のときに不登校になりました。当時の学校の先生や両親の協力もあり高校3年生で再登校にチャレンジしましたが、受験勉強重視の学校の雰囲気に馴染めず、再び不登校に戻ってしまいました。
欠課時数が厳しくなった3年生の7月にトライ式高等学院に見学に行きました。最初は、目を合わすこともできず質問されたことにうなずくことしかできませんでしたが、根気強く話しかけてくれたので大学に進学したいことを伝えることができました。すると、すぐに大学受験に向けてのプランを立ててくれました。1月の公募推薦入試まで残り4ヶ月ととにかく時間がなかったため、授業では先生と相談をして過去問をベースに「逆算法」で授業を進めていくことになりました。過去問を分析し、苦手なところをピックアップし先生方のオリジナルプリントで演習を進めていきました。
また、勉強ばかりでプレッシャーにならないよう学校生活にもメリハリをつけるため、ランチタイムは友達とUNOやゲームで休憩できるようサポートしてもらえ、他にも体育祭や修学旅行、スポーツ大会にフィールドトリップなど月に1度は息抜きできる環境を整えてもらえました。その中で同じ公募推薦を目指す友達もできました。僕にとっては同じ目標に向かって頑張る仲間ができ、とても心強かったです。
勉強と息抜きのバランスが取れたこともあり、安定して登校ができるようになりました。登校が安定してくると勉強時間も長くなり、土曜日も勉強をするために教室に行くようになりました。受験前日は、緊張のあまりお昼ごはんも食べることができませんでしたが、先生方に声をかけてもらえリラックスして受験に取り組むことができ、見事合格を勝ち取ることができました。合格後も、大学で上位成績を取るために英語の勉強を続けています。トライ式高等学院に転校し大学進学の夢をかなえることができました。みなさんもぜひ自分の夢を諦めないでください。

山口涼平さん

山口涼平さん

茨木キャンパス

続きを読む

大阪府のキャンパス

近畿エリアのキャンパス