浜松の通信制高校・サポート校ならトライ式高等学院 浜松キャンパス

授業はマンツーマンです 授業はマンツーマンです

大学進学、将来のためのキャリア教育から高卒認定対策まで。トライ式高等学院はお子さまに合わせて「自宅型・通塾型」を選べる通信制高校サポート校です。学習面はもちろん精神面のサポートや、学校行事・イベントも充実しています。担当教師やキャンパス長が、お子さまの目標を徹底的にサポートいたします。

浜松キャンパスの基本情報

選べる通学スタイル

お子さまのライフスタイルに合わせて「自宅型(在宅での訪問学習)」もしくは「通学型(週1〜5日)」を選べます。自宅型⇔通学型は状況に合わせていつでも変更ができるので、無理なく学習を続けられます。

キャンパス長からのメッセージ

テストで100点を取った!できなかったクロールが泳げるようになった!新しい友達ができた! そんな学生の頃に体験した喜びや、達成感は、何年経っても覚えているものです。そして、その頑張りを一緒に喜んでくれる家族や仲間がいることで、その経験はさらに深く心に残るものになるでしょう。
浜松キャンパスでは、生徒と一緒に考え、頑張り、喜ぶことをモットーとしております。お子さまによって今の状況は異なります。頑張りたいこと、将来の夢が決まっているかもしれませんし、不安でいっぱいで何も考えられないかもしれません。行動したいけど何から始めれば良いかわからないという場合もあると思います。そんな一人ひとりのお子さまに寄り添い、サポートをしてまいります。そして一歩前に進めたときは、一緒に喜びましょう。
ぜひ一度、浜松キャンパスにお越しください!

松下 小夏

松下 小夏キャンパス長
教育プランナー兼カウンセラー

講師からのメッセージ

四年制大学への進学を希望する生徒を主に担当しています。1対1の指導を生かし、「試験で確実に得点できる力」だけでなく、「卒業後も一生使える語学力」を生徒の皆さんにつけてもらえる授業を心がけています。
トライ式高等学院で学んだ生徒たちが、卒業後もそれぞれの進路で輝ける、その実現のために必要な手助けができたらと考えています。

坪井 俊介

坪井 俊介講師

講師からのメッセージ

「生徒一人ひとりと向き合うこと」が私が授業の中で心掛けていることです。しっかりとコミュニケーションを取ることで、「こんな考えを持っている」、「こんなことに困っている」、「実はこんな夢がある」などと、少しずつ色んな話をしてくれます。そして、良く理解したうえで生徒に合った指導をすることができます。これが、マンツーマン授業のメリットです。
学習指導だけではなく、授業時間外の時間には、生徒たちとの会話を楽しんでいます。生徒一人ひとりが自分をさらけ出して、気軽に話せる存在でありたいと思っています。輝かしい未来のために、全力でサポートしていきます。

吉田 亜由美

吉田 亜由美講師

講師からのメッセージ

勉強にしても、日々の生活にしても、なかなか一歩を踏み出せない時があります。勉強に関しては、「あきらめ半分」の人もいるかもしれません。
トライ式高等学院で、あなたが踏み出せていない一歩を踏み出せるように、いっしょに頑張りましょう。
勉強で息詰まっている原因の多くは、「思わぬ落とし穴」にはまってしまっていることにあります。トライ式高等学院の授業で、その「落とし穴」をいっしょに見つけていきましょう。また、トライ式高等学院には、多くの仲間がいます。その仲間たちと同じ時間を分かち合いながら、目標達成のために頑張りましょう!

古橋 拓真

古橋 拓真講師

アクセス

住所 〒430-0933
静岡県浜松市中区鍛冶町1-35
中村企画ビル1F
浜松の地図
周辺地図を参照
最寄り駅 JR東海道本線「浜松駅」北口より徒歩約5分/遠州鉄道線「新浜松駅」より徒歩約2分
電話番号 0120-919-439
学校形態 通信制高校・サポート校

浜松キャンパスブログ

トライ式高等学院が選ばれる理由

1対1だから向き合える。一人ひとりの明るい未来のために。

「家庭教師のトライ」が培ってきたマンツーマンの指導ノウハウを活かし、一人ひとりの夢や目標を設定し、お子さまの生活スタイルや性格なども考慮し、無理のないカリキュラムを設定いたします。

トライ式高等学院の強みは、全職員が「ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないこと」。

高校卒業はもちろんのこと、進学や就職などその先の進路が実現できるよう責任を持ってサポートします。

コース紹介

浜松キャンパス体験談

自分を見つめなおす旅

トライに入学する前、病気で2年間中学校に通えずにいました。そのため全日制の高校に進学することができず、この状況で大学に進学できるのか不安が多くありました。しかし、このトライ式高等学院に入り、学校への通いやすさと病気への理解の深さに驚き、とても過ごしやすい環境の中で、自信がついていきました。
最近ではイベント活動にも進んで参加し、他のキャンパスの生徒や、あまり話したことがなかったキャンパスの生徒とも交流するようになりました。その結果、とても視野が広くなったと思います。特に修学旅行では自分の人生観を改めるような発見や出会いがあり、また日々の生活のありがたみや今の自分の環境がとても恵まれているものだと再認識できました。僕はこれからも、自分の恵まれている環境に感謝をし、親に恩返しできるよう、より一層高校生活を楽しんでいきたいと思います。

岩永素直さん

岩永素直さん

浜松キャンパス

続きを読む

目標に向かって!

私は以前、大学進学を目標に全日制の高校に通っていました。しかし、高校1年生の時に体調を崩して、学校に行けなくなり、高校を2年留年してしまいました。お医者様や先生方のサポートも受けやっとの思いで復学しましたが、長く学校を休んでいたため勉強に全くついていけず、また体調的にも毎日学校に通うのが難しかったため、大学進学どころか進級も難しい状況でした。「このままではいけない。全日制というシステムは自分に合わない」と思いトライ式高等学院への転校を決断しました。トライ式高等学院では、通学も勉強も自分のペースでできるようになりました。私の選んだ難関大コースでは、自分の苦手に合わせてカリキュラムを作成してくれるので、「何から手をつければ良いのかわからない」という不安も無くなりました。 今は治療をしながらですが、大学進学という目標に向かって前進あるのみです。

鈴木晴音さん

鈴木晴音さん

浜松キャンパス

続きを読む

『私』

私は、昨年の3月にパキスタンから日本に来ました。しかし、日本語も上手にできなかった私に合う学校はなかなか見つからず、困り、諦めかけていました。そんな時、トライのCMを見て「ここはどうだろう?見に行こうかな」と思い、行くことにしました。行ってみると「大丈夫ですよ。ここなら合ってると思いますよ」と先生方が話をしてくれました。
入学を決めた理由は、先生方を見て、ここに来れば楽しい学校生活が送れると思ったからです。しかし、学校生活を過ごしていく中で、周囲の人と仲良くなり、多くの友人もできました。日本語がうまく伝わっていない時もあったと思いますが、皆は一生懸命聞いてくれました。私にとって日本の学校はここが初めてでしたが、トライが最初で良かったと今は本当に思っています。 トライでは色々な人がいますが、交流をしていく中で皆が心を開いてくれることが、とても嬉しく、この経験を通して自分も成長したと感じます。ここはお互いを受け止め合ってくれる場所で、どんな人が来たとしても、それぞれに合う場所だと思います。私自身も、これからも勉強も人との関わりももっとできたら良いなと思います。

アリまらい果さん

アリまらい果さん

浜松キャンパス

続きを読む