新潟の通信制高校・サポート校ならトライ式高等学院 新潟キャンパス

お気軽にキャンパスまでお越しください! お気軽にキャンパスまでお越しください!

大学進学、将来のためのキャリア教育から高卒認定対策まで。トライ式高等学院はお子さまに合わせて「自宅型・通塾型」を選べる通信制高校サポート校です。学習面はもちろん精神面のサポートや、学校行事・イベントも充実しています。担当教師やキャンパス長が、お子さまの目標を徹底的にサポートいたします。

新潟キャンパスの基本情報

選べる通学スタイル

お子さまのライフスタイルに合わせて「自宅型(在宅での訪問学習)」もしくは「通学型(週1〜5日)」を選べます。自宅型⇔通学型は状況に合わせていつでも変更ができるので、無理なく学習を続けられます。

キャンパス長からのメッセージ

新潟キャンパスには、前の学校でのトラブルや、病気、集団に馴染めない、今の学校では目標の大学へ行けないなど、様々な理由により入学・転学してくる生徒がたくさんいます。一人ひとり抱えている問題は違います。それらひとつひとつと向き合い、解決の方法を探していきます。
今まで、多くの問題を乗り越え、大きく成長する生徒を多数輩出してきました。その経験を活かし、生徒の??やりたいこと”を全力でサポートします。問題解決に向けて、まずは一歩踏み出してみましょう!

佐藤 健一

佐藤 健一キャンパス長
教育プランナー兼カウンセラー

講師からのメッセージ

こんにちは。
皆さんは、通信制高校と聞くと、どのような印象を持っていますか?
新潟キャンパスにはさまざまな事情で転校して来た生徒達がいます。
「学校に行っても教室に入れない。」
「集団生活が苦手で、人の視線が気になる…。」
と人間関係に悩んでいた生徒。夜中までゲームをして昼夜逆転の生活になってしまったり、起立性障害で朝起きれないという体調面の不安を抱えて転校する生徒。また、今通っている高校だと志望大学に合格できないから、という理由で転校してくる生徒もいます。みんな、最初は不安そうな表情で登校してくれました。
「この教室に馴染めるかな?」
「怖い先輩とかいないかな…」
転校して新しい環境で再出発することは、勇気がいることですよね。しかし、新潟キャンパスの生徒達は、みんな「転校」を乗り越えてきた仲間です。自分がされて嫌なことを言う人もする人も誰もいません。むしろ、新入生はいつでも大歓迎!
イベントやランチタイムを通して全ての人達に居心地のいい、アットホームな教室になるように、教師だけではなく、たちも進んで協力してくれています。

今の学校生活や将来に不安がある人、いつでも新潟キャンパスに相談してください。
一緒に最初の一歩を踏み出しましょう!

高地 和代

高地 和代講師

講師からのメッセージ

これからどうやって進んでいけばいいのか将来に不安を感じていると思います。私たちはそんなみなさんの悩みに寄り添い、勉強面も生活面もしっかりサポートしていきます。
授業はすべてマンツーマンなので、一人ひとりの進度に合わせ効果的な学習プランを立てることができます。また、朝が苦手な生徒さんが朝から登校して生活リズムを整えられるような楽しいプログラムや、人生の視野を広げられる様々なイベントがあります。 
学校に行けなくなったことで、やりたいことや学びたいことを諦めないでほしいと思います。道はひとつではありません。それぞれに合った道を一緒に探していきましょう!

小田島 綾音

小田島 綾音講師

講師からのメッセージ

大学で教育学を学び、卒業後も教育の仕事に就いた私は、最近あることに気がつきました。それは学校に行くことそれ自体は子どもにとってあくまでも一つの選択肢であるという事実でした。学校に「行かない」ということを選ぶことは、悪いことでも何でもありません。むしろ、自分の生き方を自分で決められることは、それ自体素晴らしいことだと私は思います。
学校は本来、学びを得るためのところです。しかし、学校の中に何か悩みごとがあったり、困ったことがあったりすると、その学びに向かうのに集中できず、かえって良くないということがあります。ゆえに、私がトライ式高等学院で授業を持たせていただく時は、「寄り添う」ことと「学び合う」ことを心がけています。
「寄り添う」ことは、多様な環境の中で生きてきた子どもたちの成長を手助けする心を持つこということ。「学び合う」ことは、子どもだけでなく、私自身も授業の中で知識や教え方などを新しく学んでいくこと。一方的に教え込むのではなく、共に学ぶ姿勢を持ち続けたいと考える毎日です。あることから何を学ぶかは、本来子どもひとりひとりの自由なのですから、トライ式高等学院新潟キャンパスでは、教科学習以外にも多くのことに触れられる環境があり、日々子どもたちも活き活きと学んでおります。将来の生き方を決める大切な時期を私達と一緒に過ごしてみませんか。

上村 優太

上村 優太講師

講師からのメッセージ

みなさんはトライ式高等学院と聞いてまずどんなイメージを思い浮かべますか?このホームページにたどり着くまでに、もうすでにいくつかの学校について見て来られたかもしれません。他の学校と同じ点、異なる点、いろいろあるかと思いますが、他ではなかなか味わうことのできない素晴らしい点が、ここトライ式高等学院にはあります。それは学年を超えた縦の影響力です。色々なアクティビティを学年を交えて一緒に準備し行動することで、これまでそのようなことを避けて過ごしてきた生徒も、先輩方のやり方を見習い協力してやっていく中で、達成感や一体感などを共有でき、協調性や主体性などを養っていくことができます。一緒に何かを成し遂げる、そのメリットには計り知れないものがあります。
また、指針となる先輩方が将来に向かって一生懸命学習に励む姿を日々の学校生活の中で目の当たりにできる学習環境は、何よりも、後にそこを通過する生徒たちにとってパワーを引き出す刺激となり、大変好ましい形であるといえると思います。
この素晴らしいキャンパスでともに成長していきましょう。

酒井陽子

酒井陽子講師

アクセス

住所 〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校通2番町598-40
KTビル2F
新潟の地図
周辺地図を参照
最寄り駅 JR越後線「白山駅」より徒歩約10分、「市役所前バス停」より徒歩約1分
電話番号 0120-919-439
学校形態 通信制高校・サポート校

新潟キャンパスブログ

トライ式高等学院が選ばれる理由

1対1だから向き合える。一人ひとりの明るい未来のために。

「家庭教師のトライ」が培ってきたマンツーマンの指導ノウハウを活かし、一人ひとりの夢や目標を設定し、お子さまの生活スタイルや性格なども考慮し、無理のないカリキュラムを設定いたします。

トライ式高等学院の強みは、全職員が「ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないこと」。

高校卒業はもちろんのこと、進学や就職などその先の進路が実現できるよう責任を持ってサポートします。

コース紹介

新潟キャンパス体験談

トライでの成長

私は、トライ式高等学院には高校1年の4月に入学しました。入学前の4年間ほとんど登校する事ができませんでした。休み始めた時は、中学生になったら通えるようになると簡単に考えていましたが、現実は違いました。長期の間休んでいた影響で生活のリズムも崩れ、学校に行っても居場所が無く、学習の面でも遅れていて授業に出ても全く理解できずに悩んでいました。
その時ちょうど兄が家庭教師のトライで授業をしてもらっていて、その影響で私にも両親がこれ以上学習が遅れないようにと家庭教師をお願いしてくれました。そのおかげもあり、学力的には何とか公立高校にいけるようにはなっていました。しかし、公立高校は全日制なので、いきなり毎日登校するのは厳しく、高2~高3になって受験を考えた時に、十分な学習ができないのではという心配で進路を悩んでいました。
そんな時に、家庭教師のトライを通じてトライ式高等学院の存在を知り、ここなら自宅型の学習もあり、いきなり登校ではなく段階を踏んで登校できたり、勉強したいと本気で思ったらマンツーマン授業なので勉強の心配もいらないと思ったので、このトライ式高等学院に入学することを決めました。
1年の頃は、自宅型のコースで授業でレポートを作成したり、イベントに参加するなどして過ごしました。徐々にキャンパスに通えるようにな理、2年の1月には新潟キャンパスでは朝活が始まり、友達も自然にでき、登校が楽しくなりました。最初は週2回の授業のある時だけの登校でしたが、スタディーミーティングという活動で、自己探求や進路探求をして自分の目標が具体化されてきた時から、勉強するのが楽しくなりました!そこから、学校に通う日数も週2回だったのが週5回になり、勉強時間も今では、平均で1日13時間以上勉強をするまでに変わりました。私は私を成長させてくれたトライ式高等学院をとても誇りに思っています。

石山 祐樹さん

石山 祐樹さん

新潟キャンパス

続きを読む

泣いてばかりいた私も、笑顔で過ごすことができています。

私は人間関係の悩みがきっかけで前の学校に行けなくなり、高校一年生の冬にトライ式高等学院に転校して来ました。不登校の間は何に対してもやる気が出ず、特に何もしないまま一日が過ぎていくことが多かったです。また、学校に行かなければと思う反面、「怖い、学校なんて行きたくない」と思ってしまい、ちょっとしたことで立ち止まってしまっている自分が嫌いになってしまいました。
長時間休んでしまって、もうすぐ単位がとれなくなるから前の学校に通学するか、別の道を選ぶかしかならなくなった時に、勉強についていけなくなるという不安も増え、ゆっくりでも進める通信制高校に転校することに決めました。いくつかある通信制高校・サポート校の中でトライを選んだ理由は、マンツーマン授業だから集団の怖さがないこと、自宅型を選べること、大学など様々な進路を目指せること、見学の時の雰囲気がよかったことなどです。
転校したばかりの頃は、新しい環境へ行くということで不安も多く入るだけで緊張していましたが、お昼の時間やイベントを通して少しずつ慣れ、今では毎日通っています。不登校になるとどうしても、不登校になっている自分は駄目なんだ、弱いんだと考えてしまいますが、今振り返ってみると、その期間があったからこそ今の自分がいて、全日制高校とは別の道だけれど頑張れているので、不登校の期間も私にとっては大切だったのかもしれない、と思います。
一時期は毎日泣いていたり、人が怖かったり、気持ちが落ち込みすぎていましたが、保育系の大学へ進学という目標ができたので勉強に励み、学校生活の面ではイベント実行委員を務めたり、充実した毎日を送ることができています。まだ時々立ち止まってしまいそうになることはありますが、自分にできることややりたいことを見つけてこれからも頑張りたいです。

小林 咲愛さん

小林 咲愛さん

新潟キャンパス

続きを読む

諦めない心

私は高1の時に勉強についていけず不登校になりました。トライに来たばかりの時も直ぐにキャンパスに行けなくなり、2年生の初めのほうは自宅型で授業を受け基本遊ぶ時以外は外に出ない生活をしていました。
ですが、常にキャンパスに行かないといけない(後に行きたいに変わった)という考えがあり、いつかは通えるようになろうと考えていました。それを家に来てくださった先生にも伝え、手助けもしてもらいました。普段は行けなくてもイベントには顔を出したりしてみんなと馴染んで行き、3年の春にはキャンパスで授業を受けられるようになりました。
今でもつらいときは午後からだったり、休んだりしていますが週に半分以上は登校できるようになっています。
他にも全国のキャンパスから来た人達でキャンプに行ったり、AO対策合宿があったり、コミュニケーションの練習や自分の自信に繋がるイベントが多くありました。
今は残り1ヶ月を切ったAO入試に向けて苦しみ抜く日々を過ごしています。ですが今までのキャンパスやイベントで培った自信と、諦めない心で必ず合格します!

松田 透矢さん

松田 透矢さん

新潟キャンパス

続きを読む

トライで半年間生活して良かったこと

僕は小学生の頃から、中学3年生まで学校に行けていませんでした。
そんな状態で全日制の高校に入学したのですが、いきなり学校へ毎日行くことは厳しく、高校も行けなくなりました。
そんなときにトライ式高等学院を知り転校することにしました。トライ式高等学院に転校してからは個別で授業を進めてくれるので週2回の授業で中学校の勉強を中心に行い、少しずつ高校の勉強にも取り組むことが出来ています。また、小学校、中学校生活ではできなかったイベントの実行委員にも挑戦しています。
今は毎週2回の授業に来るように努力していますが、ゆくゆくは徐々に通う回数を増やし、毎日来られるように頑張りたいと思います。

高橋 陸叶さん

高橋 陸叶さん

新潟キャンパス

続きを読む

気持ちを楽にして、過ごしています

私は学校が遠くスクールバスで登校していたため、朝早くに家を出て、遅くに家へ着き、そこから予習や課題に追われる生活を送っていました。ですが徐々にその生活に疲れ、学校を休むようになりました。休めば休むほど勉強は遅れ、クラス分けのクラスも下がり、少しずつ学校に行きづらくなりました。将来のことを考えたくなくて、部屋にこもるようになりました。しばらくして母からトライ式高等学院を勧められ、見学に行き転校を決めました。最初は全く通えず、週1回の授業を行ったり行かなかったりという感じでした。ですが、先生にうまく誘われ週2回、週3回と少しずつ通う回数が増えてきました。また進路のことも考え授業の科目も増やし、今は週3回の授業を受け、授業がないときも通えるようになりました。たまに休んでしまう時もありますが、基本的に毎日楽しく通えています。授業も1対1なので質問もしやすく、自分のペースで進められるので気を楽にして勉強することができます。これからも毎日通うことを継続して今より勉強時間を増やすこと、進学したい大学も決まったので気合を入れて頑張りたいです。

渡辺 さやさん

渡辺 さやさん

新潟キャンパス

続きを読む