高卒資格と高卒認定の違いとは?

「高卒資格」と「高卒認定」は、言葉が似ているため混合されがちですが、実は大きく違います。簡単に説明すると高卒資格は高等学校の卒業資格を得ることで、高卒認定は高校卒業と同等の学力を示すものです。
「高卒資格」と「高卒認定」、それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解し、将来の夢や進路に必要な対策を行いましょう。この記事では各々の違いやメリット・デメリットについてご紹介していきます。

高卒資格とは

高卒資格とは、全日制・定時制・通信制のいずれかの高校の卒業要件を満たし、卒業することで得ることができます。多くの人がイメージする高卒は、この高卒資格を指します。

卒業するためには最低3年間の在籍が必要となり、全日制高校や定時制を卒業するためには基本的に7割以上の出席をし、一定の成績を納めることで、進級、卒業することができます。

通信制高校ですと、レポートやスクーリングを受講、単位認定試験で単位を取得し、最低74単位を取得することで卒業できます。

高卒認定とは

高卒認定試験とは、文部科学省が実施する【正式名称:高等学校卒業程度認定試験】のことで、合格したらその名の通り、「高校卒業者と同程度の学力がある」と認められます。

なんらかの事情で、高校に入学できなかった、卒業できなかった方は、この試験に合格すると、大学や専門学校、公務員試験や国家試験等を受験することができます。近年では、就職や資格試験にも利用されています。

高卒資格と高卒認定の違い

前述した通り、「高卒資格」と「高卒認定」は大きく異なります。どんな違いがあるか、どちらがどのような人に向いているのかについて説明します。

取得するまでにかかる期間

【高卒資格】
高卒資格を取得するためには全日制・定時制・通信制に在籍する必要があり、下記2点を必ず満たさなければなりません。
① 3年間の高校在籍
② 74単位以上の取得

3年間の高校在籍に関しては、合計の在籍期間となりますので、一度退学をしてしまっても前の学校での在籍期間は引き継げます。単位も同様で、前籍校での単位も引き継げますが、専門科目やある一定の月日が経ってしまった単位に関しては引き継げない場合もあります。

上記2点とは別に、学校によって別途卒業のための条件を設けている場合もありますので確認が必要です。

【高卒認定】
高卒認定試験は年度内2回の試験が設けられおり、8月と11月に実施されています。今まで合格した科目や取得している科目は免除され、合計で8~10科目が合格できれば資格取得となります。早ければ1回の試験で全科目を合格することも可能です。

取得するまでにかかる費用

【高卒認定】
高校に在籍することとなりますので、各高校の学費が必要となります。全日制・定時制のように年度で学費がかかることもありますし、通信制のように取得単位数によって学費が変わることもあります。全日制・定時制・通信制に限らず、就学支援金対象(※)となりますので、世帯収入によっての学費の免除があります。

※就学支援金とは
世帯収入によって加算されていた支援金額に上積みが行われる一方で、年収910 万円以上の世帯は支給対象外となります。私立通信制高校生への就学支援金は1 単位あたり4,812 円です。学費の詳細は各高校にお問い合わせください。

【高卒認定】
受験料は試験科目数によって違います。

7科目以上受験 ・・・8,500円
4科目以上6科目以下受験 ・・・6,500円
3科目以下受験 ・・・4,500円

受験願書に日本郵政発行の収入印紙を上記金額分購入、張付をして提出となります。ただし、自身で勉強にするにしても問題集や過去問の購入が必要になりますし、予備校や専門学校、塾に通学しながら取得を目指される方もいますので、その費用が別途発生します。

高卒認定試験の合格率は約40%と低いのですが、実際には試験の難易度が高いからではなく、受験のために対策すべき勉強の範囲が広く、途中で断念される方多いためです。つまり、独学で勉強し合格することの難易度が高いと言えます。

最終学歴は高卒?中卒?

【高卒資格】
最終学歴は【高卒】になります。履歴書にも〇〇高校卒業と記載可能です。

【高卒認定】
高校卒業程度の学力を認定はしてくれますが、あくまでも資格なため、最終学歴は【中卒】になります。履歴書には資格の欄に〇〇年〇月高等学校卒業程度認定試験合格という記載になります。

トライ式なら高卒資格も高卒認定も選べる!

高卒資格と高卒認定の違いはわかっていただけたかと思いますが、結局のところどちらを選べばよいのでしょうか。【高卒資格】と【高卒認定】の特徴をおさらいしていきましょう。

【高卒資格】は最終学歴で高卒となるため、就職で有利になりますが、月日、費用が高卒認定資格取得よりもかかります。

【高卒認定】は短期間で取得できる可能性があるので、大学受験や就職試験に合わせて急いで取得したい方には向いていますが、取得しただけでは最終学歴が中卒のままです。

いかがでしょうか。
勉強していくモチベーションや現状も踏まえ、また将来も視野に入れてどちらが良いかを選択すれば、どちらを選ぶべきか答えが出てくるかもしれません。

現状トライ式では、どちらかというと学歴を高卒としたいという要望から【高卒資格】の方が、人気があります。ただし社会人の方や、同級生と同時期に大学に進学したいという想いを持っている方は【高卒認定】を選ばれることもあります。

トライ式では通常の高校卒業に当たる【高卒資格】も資格取得の【高卒認定】もどちらも対応可能なため、どちらにするか一緒に選ぶことも可能ですし、途中で変更をされる方もいらっしゃいます。また、どちらも対応可能、個別カリキュラムだからこそ、高卒認定試験の特徴を活かし、高校在籍中に高認試験受験もできるため、【高卒資格】【高卒認定】どちらも並行して勉強されている生徒さんもいらっしゃいます。

「できれば早く大学進学したい、でも体調に不安がある」「高卒認定試験を取得したいけど、高校生活も満喫したい」十人いれば十人要望は違いますし、現状も違います。トライ式高等学院では一人ひとりに合わせてオーダーメイドカリキュラムを実現させ、様々なご要望にお応えしています。

文章だけではよくわからないこともあると思いますので、【オープンキャンパス】・【個別相談】・【オンライン相談】も随時受け付けております。キャンパスの雰囲気やイベント・講座の様子も知ることができますし、あなただけの個別カリキュラムを一緒に考えることも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

通信制高校について他コラムページはこちら