トライ式高等学院オフィシャルブログ

福岡 小倉校ブログ記事

【進路選び】先生ってどうやって大学を選んだの?~外国語学部を選んだ先生の場合~

みなさんこんにちは!
トライ式高等学院 黒崎キャンパスです(^^)
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

『3年生0学期をどうすごしますか?』という記事を先日アップしましたが、ご覧いただけましたか?
この冬をどうやって過ごすかが、高校1年生、2年生にはとっても大切ですよーという記事でした。

とはいえじゃあ大学ってどうやって選ぶの?という疑問はあると思います。
仕事から選ぶの?
できれば地元がいいな!
好きな勉強と得点源は違う。
別に大学良ければどこでもいいし。

学選びのスタートラインは皆バラバラ。
そこで黒崎キャンパスでは、キャンパスで教えてくれている現役バリバリプロの先生や、個別教室で指導している現役大学生の先生にそれぞれインタビューを行っています。
内容はズバリ「先生ってどうやって大学を選んだの?」
今回は北九州市内の大学に進んだ、とある先生のインタビューをご紹介します(^^)

°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°

____先生早速ですがお名前をどうぞ!
トンコちゃんです。

____笑
笑。昔のあだ名です。

____先生はどちらの大学、学部の出身ですか?
北九州市立大学の外国語学部国際関係学科を卒業しました。

____ということは地元?
そうですね。将来は中学校の先生になりたかったのと、英語が好きだったので大学に行こうと思っていました。

____ちなみに苦手科目は?
(食い気味に)数学です。数学は無理です。

____無理、ですか(笑)
数学は無理です(笑)

____先生になる大学はたくさんありますが、どうして北九州市立大学を選んだんですか?
まず地元であること。そして、当時では国際関係学部という学部は珍しかったので、この学部を選びました。

____ほかに検討した大学はありますか?
地元以外考えていなかったので、北九州市立大学だけですね。

____大学に行ってつらかったことって何かありましたか?
必修科目が多すぎでした。必修科目を必死に習得している中で、学びたかったドイツ語を選択できなかったのが今でも心残りです。

____では、大学に行って楽しかったことはなんですか?
仲の良い友達にたくさん出会えました。
大学は学びの場ですが、多くの価値観を持ち多様なバックグラウンドを持つ人がたくさんやってきます。
そこで出会えた友人たちとは今でもとても仲がいいです。

____今先生という立場になって、高校生の時にこれだけはやっとけばよかったなという事はありますか?
自分に言うならですか?
「1年のうちに単語とイディオムの基礎は固めておけ」につきます。
3年生になって受験勉強すればいいやー。英語得意だし―と、思ってはいたのですが分量が膨大でした。
実は、3年生になって受験モードに切り替わった後、体がついていかず、何度か倒れてます(笑)

____それだけ分量が多い。と。
多いです。好きでも量が多いと時間との勝負になるのでつらいです。

____では、今進路に迷っている高校生へのメッセージを!
早いうちから目標大学を決める。難しかったら絞ってください。
必要科目を決めて絞った学習をしたほうが効率よく勉強できます。
そして体にも良いです….。

____体にも(笑)たしかに体は資本ですもんね。先生、ありがとうございました!

°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°

トンコちゃん先生の場合、目標がはっきりしていたのでそこから学校を決めたようですね。
みなさん目標はありますか?
職業でも、こうなりたい!という自分の姿でも構いません。
好きな科目や、苦手な科目から絞っていくという方法もあります。
ふんわりとでも自分の高校卒業後の姿をイメージしてみましょう。

進路に合わせた高校生活をオーダーメイドで作成しています。
トンコちゃん先生の体験授業を受けたい!相談してみたい!という方。
個別で大学受験の相談を!という方はぜひお気軽にご相談ください✨

オープンキャンパス、個別相談 こちらからお申込みいただけます
お電話は 0120-919-439 その場で日時や場所のご相談がいただけます(^^)

おすすめコンテンツ

  • 入学案内
  • 合格実績
  • 保護者の方へ
  • 説明会情報
CMはこちら

全国のキャンパスを探す

北海道・東北エリア
関東エリア
甲信越・北陸エリア
東海エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア
その他