黒沢慎さん

トライ式高等学院での毎日を振り返って

黒沢慎さん京都橘大学 健康科学部心理学科

高校2年まで練習の厳しい部活に所属していて、責任を負いきれずに全国大会前に逃げ出してしまいました。その負い目がストレスで学校を休みがちになり、留年してしまいました。しばらく何もやる気がせずに時間を過ごし、進路についても真面目に考えていませんでした。
通信制高校への転校をするとき、初めての面談で高等学院のキャンパス長が、私の立場や心情を考慮いただき、自分に合う学習プランを提案してくれました。勉強を基礎から学べて、大学受験の対策もできるトライ式高等学院を選ぶことにしました。
授業は曖昧な説明ではなく、しっかり理解できるまで教えてくれました。少しずつ問題が解けるようになり、自分の実力が上がっていくことを実感し非常にやりがいがありました。
授業外でも先生方にはよく目を配ってもらい、親しみがもてました。基本的に自分と先生だけの空間なので、周りの生徒たちに遠慮する必要はありませんでした。
9月に合宿があり、それに参加したことがキッカケで通学の習慣がつきました。周りの生徒が気さくに声をかけてくれたことから、連絡先を交換できる友達ができました。受験対策では、1日に2問は長文を解くことを日常化させたりして、徐々に勉強に奮起できるようになり、苦手意識を取り除くことができました。志望校の大学入試に合格したときは、興奮して、気付けばキャンパスに向かっていました。
トライでは勉強の大切さの一辺を知り、友達を得ることができました。これからは自分の人間性を高めていけるよう、多くの人と触れ合って生きていきたいと思います。
ご質問・ご相談・資料請求はこちら(無料)