孟 希ノ花さん

受験は効率

孟 希ノ花さん学習院大学 文学部哲学科

中2の頃から体調が悪くなり学校へ行くことができなくなりました。体も頭も重く勉強も手に付かず無気力に過ごす毎日でした。中高一貫校でそのまま進学しましたが、単位取得が難しくなったためトライ式高等学院に入学しました。
トライでは、個別指導なので自分のペースに合ったスケジュールを組むことができました。自分でできることは自分で学習し、理解しにくい部分を中心に授業をしていただきました。わたしは常に理解してスッキリした上で学習を進めていきたいタイプで、時には屁理屈のような質問をすることがありましたが、担当の先生が何十分でも腰を据えて根気よく付き合ってくださいました。体調が悪いときには、それを察してくださり、授業を早めに切り上げるなどの対応をしてくださいました。集団授業と違い自分のペースでじっくり学習する部分と理解しているところは省くなど効率よく授業時間を最大限に有効利用することができました。
大学入試に向けては、英語は中学レベルだったため苦手意識がありましたが、基本の基本から教えてくださったので、逆に肩の力が抜けて自習にも抵抗がなくなり、あっという間に高校レベルに追いつくことができました。体調が不安定で計画通りに学習を進められなかったことがつらかったですが、焦らず目標達成に必要なことを見極めてこなしていきました。わたしは公募推薦でしたが、資格など持っていない私には不利な条件のなかでの受験でした。正直、受かるわけはないと思いつつの受験でしたが、気持ちを奮い立たせモチベーションを保つことに意識を向けながら頑張りました。面接練習では何人もの先生方が模擬面接をしてくださいました。わたしの気が済むまで練習させてくださり、丁寧にアドバイスをしてくださったので、落ち着いて本番に挑めました。
トライ式高等学院に入学当初は全日制ではないことにコンプレックスも抱いていましたが、毎日学校に通うなどの必要性がない分、自分に必要なことを見極めてやるべきことをしっかりやることができました。また、以前の学校の友達との縁が切れないかと不安でしたが、体調がずいぶんと良くなり逆に一緒に遊ぶ機会が増えました。将来は、わたしと同じようにつらい思いをしている子どもたちの心を少しでも軽くできるような大人になりたいです。
最後になりましたが、在校生のみなさん、本当に「必要なこと」を見失わずにいれば、あとは各々が生きやすい道をそれぞれのペースで進んでいいと思います。頑張ってください。
ご質問・ご相談・資料請求はこちら(無料)