渡辺徳久さん

友人の存在が、試験の不安に立ち向かう勇気をくれました。

渡辺徳久さん新潟大学 教育学部学校教員養成課程学校教育コース(教育心理学専修)

私がトライ式高等学院に入学した当初は、自発的に勉強する習慣が無く、何をやればいいかはっきりとした目標を立てられずにいました。
しかし、イベントや先生との相談を通して自分が何をすればいいのか、何をしてはいけないのかが分かるようになり、明確な目標を立てることができるようになりました。そして普段の勉強では自分が分からないものがあったら、なぜ分からないのかを考え、一つずつ苦手なものを消していきました。勉強を始めた当初は、やればやるほど成績が伸びていったのですがある時模試で思うように成績がのびなくなってしまいました。その時は、自分の勉強法の何が悪かったのか考え改善することでまた成績が伸びるようになりました。
そして受験の中で一番辛かった時期はセンター試験の直前でした。いい点数を取れるのか不安でどんどん気持ちが暗くなり学校を休むようになりましたが、同学年で同じ大学を目指している友人と互いを励ましあい、先生から声をかけていただいたおかげでなんとかセンター試験でいい点数を取ることができました。
二次試験対策はその学校の赤本を何周もすることを意識しました。二次試験では勉強してきたことのすべてを出せたと思います。合格発表を見るまでは受かっているか不安だったのですが合格したことが分かり今までがんばってきてよかったと思えました。
ご質問・ご相談・資料請求はこちら(無料)