沖野かざね さん

トライ式高等学院に入学して本当に良かったです。

沖野かざね さん愛知大学 地域政策学部 まちづくりコース 

前籍校では、毎日楽しく充実した生活を送っていましたが、高2の1月頃に理由もなく苦しさを感じるようになりました。それから遅刻や欠席を繰り返しながら学校に通っていましたが、状況が悪化するばかりになったため転校を決意しました。大学進学を希望していたため、マンツーマン指導で大学受験対策ができるトライ式高等学院に転校することになりました。
マンツーマン指導は自分に合った内容で進めることができるのが良かったです。また、疑問があった時にはすぐに質問ができるので、「わからない」が生まれることはなかったです。とにかく先生との距離が近く、勉強に関する相談やプライベートな悩みを聞いてくれたので、勉強に集中することができました。
私が英語と国語をメインに授業を進めていて、先生のタイプも異なっていました。英語の先生はいつも褒めてくれてモチベーションを保つことができました。また、キャンパスで一緒にお昼ご飯を食べたり、一緒に帰ったりしてとても楽しかったです。国語の先生は、入試前に「今までよく頑張りました。あなたなら大丈夫!」と言ってくれたので、自信を持って試験に挑むことができました。
合格の文字が見えた時は信じられませんでした。今まで頑張ってきた努力が報われたことの嬉しさ、支えてくれた家族・友達・キャンパス長・先生・色んな人への感謝の気持ちや憧れの大学で勉強できる楽しみが込み上げてきました。
トライに来る前は毎日寝て1日が終わっていました。やる気も出ず将来への希望もなく人が怖いと思っていたこともありました。しかし、優しい先生や友達・キャンパス長のおかげで毎日外に出て人と関わることが楽しくなりました。新しいところに来てから強さが身につき、受験勉強も耐え抜くことができました。
受験が終わって思うことは、勉強を頑張って本当によかったということです。志望校に合格できたのはマンツーマン指導があったからだと思います。これからの大学生活も辛くなった時は、トライでの生活や合格した時の喜びを思い出して頑張りたいです。
転校して本当によかったと思っています。それは、いい思い出ができ、志望校に合格できたからだと思います。人生回り道も大切なのだと気づきました。後輩のみなさんも、転校してよかったと思えるような生活を送ってください。
ご質問・ご相談・資料請求はこちら(無料)