トライ式高等学院オフィシャルブログ

千葉 千葉校ブログ記事

声優ゼミアフレコ本番!

さて、日付は少しさかのぼってしまいますが、3/15 東京声優ゼミアフレコが行われました。

ここまで練習してきた成果を発揮する日。胃が痛い~と口にしていた生徒さんもおりますが、
本番では堂々たる演技で魅せてくれていました。

お仕事をいただけるようになったら(その前もですが!)遅刻は厳禁。意識してくれていたのだろうと思いますが、
皆さん時間早めにスタジオ入りすることができました。

少し落ち着いてからは準備が整うまでに生徒自ら発声練習を行い、台本の読み合わせで互いのコンディションを最終チェック。


気合いは十分!でしたが時間が近づくごとに皆の緊張が高まり、表情が硬くなってきてる!大丈夫かな、と、
引率の私にまで緊張感が伝わりました。

事前ミーティングにて監督さんと今回の収録の目標を定めて、いざテスト。

今回の収録に参加をしたのは4人の生徒さん。作品のキャラクター人数が多めなため、1人2役以上での
収録となりましたが、皆声の使い分けがしっかりとできていてすばらしい。とくに冷静できれいな声から可愛
い系の声への変化がすごかった。

さて、アフレコ中に堀江先生とお話をする機会がありまして、先日まで堀江先生ご自身も舞台に出演されていた
こともあり声優さんのお仕事と舞台演技のお仕事についてちらっとお伺いする事ができました。

高等学院でもコミュニケーションゼミ・演劇部とありますが、二つのゼミに参加している生徒さんっていないんですよね。
このアフレコの翌週にある演劇の舞台発表にも今日このスタジオにいる生徒さん、でないですし…。

パフォーマンス形態は異なりますが演技で観る人に影響を与えるお仕事なので、二つに参加をして自分を魅せる機会
を沢山作ってくれると良いんだけどな。

考えているうちにも監督さんから沢山の指示とアドバイスをいただいて、納得するまで撮り直しを行い、前半Aパートが
無事終了いたしました。
Bパートからは堀江先生も加わり、パート・タイミングの確認を行いすべて終了です。

もっと上手に、とか、もっとこうしておけば良かったとか。精一杯取り組んだ中でもまだまだやりたかった事が沢山あると
思いますが、それは次回のゼミ、もしくは次のステージでリベンジしていこう!

この後31日に編集していただいた作品の上映会があり、そこで2014年度後半の声優ゼミは終了となります。

最後の楽しみはもう少し先ですが、皆さんお疲れさまでした!

おすすめコンテンツ

  • 入学案内
  • 合格実績
  • 保護者の方へ
  • 説明会情報
CMはこちら

全国のキャンパスを探す

北海道・東北エリア
関東エリア
甲信越・北陸エリア
東海エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア
その他